読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水と緑と自然、それは「にわ」

都市や農村における緑地の在り方、自然環境の資源とその保全、「にわ」の設計と維持・管理

NRWの軍演習場跡地 その1

NRW州の機関誌記事つづき この演習林の名称はHaltern、西側地区はLavensum地区はBorkenberge,両地区とも動植物保護地区(FFH;Fauna-Flora-Habitat- Gebiet;180ha)並びに欧州野鳥保護地区(EU-Vogelschutzgebiet)に指定され、両地区の半分くらいは自然保護…

道東旅行記 あの一枚 その2

道東旅行記 あの一枚(2) 阿寒湖畔で一枚

道東旅行記 あの一枚

道東旅行記 あの一枚(1) 硫黄山でのポーズ。

道東の旅 PART5

ホテル知床は今年5月の連休を挟んで2週間ほど根室に滞在した折に、1泊2日で訪れたホテルです。今回は根室を訪問する前に、5月に行けなかった所を中心に巡り、旅を楽しみました。このホテルを選んだ理由は朝夕のバイキングにありました。このホテルのイク…

専門誌「Natur in NRW」の紹介

専門誌「Natur in NRW」の紹介 この雑誌はNRW(ノルトラインーウエストファーレン)州の機関(Landesamt für Natur, Umwelt und Verbraucherschutz NW)の季刊誌です。「自然・環境保護・消費者保護庁」と訳すのが適当でしょうか。最新号の主要テーマは、戦後永くイギリス軍の演習…

道東の旅 PART4

北海道の旅行記 第4 硫黄山を出て車は網走を目指して走り、藻琴峠を目指しました。その途中の藻琴峠には休憩所、展望台があり、そこからの見晴らしは素晴らしく、屈斜路湖や阿寒の山並みが見られました。午後の日差しが西に傾き、屈斜路湖の湖面に輝き、周り…

道東の旅 PART3

4日目 9/11 待ちに待った晴れた日。心ウキウキ、ハンドル握る心も軽く(どこかで聞いた歌の文句みたい)車は一路、計画で見れなかった摩周湖を目指して。阿寒湖から弟子屈へ向かう山岳道路沿いの2つの展望地点をチェック。双湖台、双岳台。残念ながらいずこ…

道東の旅 PART2

北海道道東の旅 2日目: 9/9前日の台風の余波、低気圧の影響で朝から雨、当初計画していたプログラムを急遽変更。当初は養老牛から裏摩周湖展望台、神の子池、表摩周第一、第二展望台を経て弟子屈に向かい、阿寒湖を目指す予定でしたが、あいにくの雨天の…

道東の旅 PART1

9月の8日から道東地方を2週間にわたり旅をして来ました。中標津空港に降り立ちレンタカーを借りて各地を見て回る旅です、 最初は中標津の開陽台で雄大な景観を満喫、夕方、養老牛の湯殿だいいちに。 今回の旅は最初から不安で一杯でした。何より台風13号が東…

文献リスト(2012年~2014年)

[360] 勝野武彦,2012,自然再生の本質と課題,「GREEN AGE」(日本緑化センター),39巻4号,2-3 [361] 小木曽裕・島一喜・岩田樹・大森繁・嶋村仁・石井ちはる・勝野武彦・濱野周泰,2012,レーベンスガルデン山崎(建替・環境共生住宅)屋外計画設計,造園作品選…

文献リスト(2011年)

[353] 小島仁志・大澤啓志・勝野武彦,2011,棚田畦畔の物理的構造および畦畔面積の変化が植生に与える影響について,2011年度農村計画学会春季大会学術研究発表会要旨集,40-41 [354] 七海絵里香・大澤啓志・勝野武彦,2011,万葉集にみる秋の七草の生育立地,日本…

文献リスト(2010年)

[338] 赤池真・大澤啓志・勝野武彦,2010,フトン籠を使った緑化における基盤資材と充填密度の違いがツル植物の生育に及ぼす影響,環境情報科学,39巻1号,96-97 [339] Satoshi OSAWA, Takatsuna KURODA and Takehiko KATSUNO, 2010, Distribution of terrestrial…

文献リスト(2009年)

[330] 勝野武彦,2009,観葉植物/公園・都市と植物,『植物の百科事典』(石井龍一・岩槻邦男・竹中明夫・土橋豊・長谷部光泰・矢原徹一・和田正三編)朝倉書店,p.375/p.378 [331] 天白牧夫・大澤啓志・勝野武彦,2009,三浦半島における淡水棲カメ類の種組成と…

文献リスト(2008年)

[322] 勝野武彦,2008,緑・水・生き物(生物資源)とまちづくり,「県央・湘南の環境と共生する都市づくり NEWS」(神奈川県東海道新幹線新駅設置促進期成同盟会),21号,4-5 [323] 森本淳子・平林研人・勝野武彦・森本幸裕,2008,香川県直島の山火山事故再生二…

文献リスト(2007年)

[311] 今井絢子・黒田貴綱・勝野武彦・葉山嘉一,2007,河川緑地で繁殖するチョウゲンボウの餌動物の生息状況と生息環境,環境情報科学,35巻4号,90-91 [312] 土橋恭子・小島仁志・葉山嘉一・勝野武彦,2007,棚田保全地における学習活動および自然観察イベントの…

文献リスト(2006年)

[299] 浅田大輔・勝野武彦,2006,里山型公園における昆虫相の生息状況について,環境情報科学,34巻4号,72-73 [300] 大澤啓志・勝野武彦,2006,樹林性両生類の繁殖期における非樹林地への移動能の推定~棚田地域におけるトウキョウサンショウウオの事例から,2006…

経歴

【学歴】 1963年 昭和38年3月 岐阜県立大垣北高校卒業 1967年 昭和42年3月 日本大学農獣医学部農学科卒業「農学士」 1968年 昭和43年3月 東京大学農学部農業生物学科研究生終了 1970年 昭和45年3月 東京大学農学部農学系研究科農業生物専攻修了「農学修士」 …

文献リスト(2005年)

[275] 北川明介・八色宏昌・勝野武彦・島田正文・葉山嘉一・藤崎健一郎・逸見一郎,2005,屋上ビオトープにおける動植物モニタリング調査と植生管理,造園技術報告集,3号,26-29 [276] 大澤啓志・勝野武彦,2005,大分川中流部の農村計画における両生類の分布パタ…

私・勝野のブログ

このご時世、自分の考え方、感じ方を誰かに伝えることの意味って何かありますか?みんな俯いて、歩いたり佇んだりしながら、何かの情報を得ること、情報を伝えること、そして一人で楽しむことに精出しています。忙しい時間の中で我を忘れて何かにしがみつい…

文献リスト(2004年)

[260] 大澤啓志・井上剛・勝野武彦,2004,都市域谷戸水田における冬季の管理条件が春季の水生生物に及ぼす影響について,ランドスケープ研究,67巻4号,335-338 [261] 大澤啓志・勝野武彦,2004,ミズキンバイ群落成立地の植生から考察される生育地保全,日本緑化工…

文献リスト(2003年)

[244] 大澤啓志・藤崎健一郎・勝野武彦,2003,都市部居住空間における人工地盤緑化地へ侵入した植物の実態調査,日本緑化工学会誌,28巻3号,451-455 [245] 大澤啓志・勝野武彦,2003,岩手県丹沢地区の散居水田域におけるカエル類の分布とその規定要因,ランドスケ…

海外情報・海外研究情報について

「海外情報・海外研究情報」については、このブログを始めるにあたって最も進めたい項目です。海外、特に留学や招聘など長年ドイツとの関係が深く、教育畑にあった時から注目していました。その頃から現在まで数種類の専門誌の動向は気にしてきました。大学…

文献リスト(2002年)

[223] 勝野武彦,2002,湘南地域の景観,平成14年度日本大学生物資源科学部春季市民講座「残したい”湘南”の自然」,5-11 [224] 勝野武彦,2002,21世紀型の公園のあり方ー公園としてどこまで整備できるか、「公園かながわ」(神奈川県公園協会),22号,4-7 [225] 勝…

文献リスト(2001年)

[203] 大澤啓志・勝野武彦・片野準也,2001,都市河川に生育するミズキンバイの生態的特徴,日本緑化工学会誌,26巻3号,188-197 [204] 大澤啓志・勝野武彦,2001,扇状地水田地帯における水田の地形分類とカエル類の分布に関する研究,農村計画学会誌,19巻4号,280-2…

文献リスト(2000年)

[185] 渡辺彰・鈴木光・柴田則夫・林豊・水島澄夫・二見肇彦・工藤孝浩・勝野武彦,2000,横浜市野鳥水路におけるヨシ原復元実験について,日本緑化工学会誌,25巻4号,461-464 [186] 柴田規夫・渡辺彰・林豊・水島澄夫・清水富士男・勝野武彦・鈴木光,2000,汽水…