水と緑と自然、それは「にわ」

都市や農村における緑地の在り方、自然環境の資源とその保全、「にわ」の設計と維持・管理

卒論発表会2020

 2月10日(建国記念日イブ)日本大学生物資源科学部湘南キャンパス1号館において毎年恒例の論文発表会「令和元年度卒業論文・大学院研究論文発表会」が開催されました。今年は、これまでにもお伝えしましたように、研究室が創設されてから50年の年で、しかも来月(3月末)をもって2人の先生が大学(研究室)を去られる年になっています。複雑な心境で発表会に参加しました(論文要旨集が発行されています。ご希望の方は研究室にお問い合わせください)。

 

 発表学生は全部で19名(大学院2名、学部学生17名)でした。その研究論文のタイトルは以下の通りです。1テーマを2人で行った研究(12と15)の2題がありました。

 

4年次生

1)   佐久間友也  ケヤキ並木の歴史に関する研究

2)   中澤  望  新美南吉童話における動物の表現について

3)   須藤 悠大  大石武学流庭園の特徴と魅力

4)   阿島  豊  東京23区における剪定枝処理と再利用の実態

5)   小山田 侑城 三島市の湧水河川における緑地資源の現状及び市民による保全活動

          に関する研究

6)   根布屋辰之助 神奈川県内を主対象とした駅前広場の空間構成に関する研究

7)   池田 悠夏  固化土壌を用いた創出型水辺空間におけるアゼスゲ・ハンゲショウの生育

          状況に関する研究

8)   大沼  隼  緑によるストレス緩和効果の指標として期待されるフリッカー値に影響を及

          ぼす諸要因の解明

9)   柴  美宇  壁面緑化用ヘデラの順化能に関する研究

10) 民部田 晃大 里山型公園の湿地におけるヒメギスの生息実態

11) 横堀 耕季  横浜市本牧市民公園におけるトンボ相の回復に向けた繁茂スイレンの除

          去効果に関する研究

12) 渡部  泰  伊豆半島の止水性両生類の分布特性

    和田 裕太     同   上

13) 金子 咲季  栃木県那珂川町における里山林管理継続に伴う林床木本植物の多

          様性の変化に関する研究

14) 清家 怜彩  小田原市内の寺社を対象とした境内地の緑地環境的特性に関する

          研究

15) 行川 彩華  仙台平野の津波被災海岸林における津波前後および今後の景観変

          化

    森  優香     同   上     

 

大学院生

16)笠原 健瑚  里山都市公園の林床における植生及び管理状況に応じた変形菌

          相

17)山口 桃華  都市域の水辺ビオトープにおける植物の生育適性及び蚊の発生源として                                  の評価に関する研究

 

大学院生は、これまでに日本造園学会の関東支部大会で口頭発表したり、関連学会誌に投稿・掲載されていて論文の内容、プレゼンテーションに一日の長の感がありました。笠原君(17)の研究は、さらにいろいろな都市公園、緑地における変形菌の動態や人の利用や管理との関係を深めていければと感じました。山口さん(18)のものは限定された条件での植物生育の実験データを中心としていますが、唐突に蚊の発生との関連は時間的(季節的、空間的)制約の中での結果でもう少し様子を見る必要があるでしょうか。

学部4年生の研究の中では、横堀君(11)の調査研究が興味深かったです。水辺のビオトープ(生き物研究)の保全管理と公園利用管理(鑑賞か事前資源か)の鬩ぎあい、議論の分かれる点でもあり、同様の調査研究が積み重ねられることを期待したいと思いました。

 いずれの実験的、調査主体の研究でも、2018-2019年時点での貴重な記録データ資料であることには異論はありません。内容的に問題点があるものの、調査・研究した学生それぞれには長期間、特定の課題に対し常に問題意識をもって、考え、工夫し、実施し、考察を加えたことは、今後の生活の中で少なからず役立つものと思います。

 次代を担う3年生、2年生(数日前に学科内で、所属研究室決めが実施され10名程が造園緑地科学研究室所属となった)にとって有意義な発表会となったであろう、と思います。

続いて実施されるFNEC造園緑地学実習(別名:団結実習;2/18~21)が始まることとなりますが、こちらも教員と学生、寝食を共にし充実したものとなることを期待します。

 

 

 

年賀状   

  干支最初の子年、今年も年賀状を沢山いただいた。もう何年も続けて新年の挨拶を交わしている親戚、小中・高校・大学・大学院時代の友人、知人や先輩・後輩、学生時代の先生方、社会人になってから大学や学会等で知り合った他大学の先生方、事務職の方々、現役の頃から業界で大変お世話になった人たち。 

 新しい年の初めに出してくださった人の旧年中の活動状況や近況を知ったり、今年の健康を祈ったり励ましの声を頂いたりして、それぞれに以前の姿や顔を思い出しながら頂いた年賀状1枚1枚を見ています。旧年中に会った人から久しくお会いしていない人まで、新年の静かな雰囲気の中で賀状を見ながら元気な姿を想像しています。

 毎年、干支や行事をイメージしながら挿絵のデザインを考えます。今年は鼠、オリンピックを重ねて図柄を考えました。オリンピックは言わずもがなの五輪(5つの色)、鼠と合わせてみました。語呂合わせで「五里霧中ならぬ五輪夢チュウ」の絵柄、まあまあの出来です。

 年賀状の束は2つに分けています。1つは、私が大学在職中の研究室の卒業生、もう1つはそれ以外の人達からのものです。

  年に1回の葉書による年頭の挨拶、近況の報告や周りの変化などを知ることが出来ることは、何となくほっとします。出した方も貰った方も、その1枚を見て相手の顔や家族を想い浮かべられます。突き詰めていえば、たったそれだけのことですが、その「瞬間」が大事なのだと思います。年を重ねれば重ねるほど、友が、仲間が、そして先生や先輩後輩が懐かしくなるものです。人を介してその頃の光景や風景が浮かびます。

 私は5年前に大学を去りましたので、2015年以降の卒業生はいません。今の世の中、もし仮に私が現役であったとしても、今のIT時代、メールやSNSの無料通信アプリ(Line, Uチューブ、ツイッター)、ブログなど色々な媒体を使って瞬時に「今」を表現し演出する若者は、賀状による面倒で儀礼的な繋がりは考えないでしょうね。

私と何らかの接点があった学生、お互いに気が合ったり印象が残った関係で繋がっている卒業生たち、家庭をもって年々変わりゆく様子を伝えてくれます。それを見るたびに歳を取っていく自分を重ねています。あと何回やり取りできるものかと。

 現役を離れてからは卒業生同様、他大の先生方、業界の方々とも賀状交換が少しづつ無くなってきています。終活ならぬ「年賀状じまい」される方もありますが、でも元気に活動されている(山登り、海外旅行や趣味など)先輩の様子を知ると、自分も頑張らねばと思うのも事実です。 干支を考え、次の子年(2032)の年賀状が出せるように頑張らねばと思う年の初めです(少なくとも次の年男;20282027はドイツ国際庭園博、孫の成人式2030;越えれば米寿)。

 年賀状は発行枚数から言えば、1955年では5万枚、1964年10万枚、1973年は20万枚、1999年(44億枚越え)をピークとして2020年は23.5億枚と言われています。社会の高齢化や少子化とも少なからず関係していそうです。これから急激に枚数が減少することでしょう。日本郵便K.K.の出方が見ものです。今年はオリンピック年、前のオリンピック東京大会が1964年ですから、その年の10万枚(当時は7円、今64円)と比較すると21世紀初頭の発行枚数の多さには驚きます。

 正月の小さな楽しみ、行事でもある年賀状交換。楽しみにしている人もいるので無くなることはないでしょう。楽しみながら続けたいと思っています(センスを磨きながら)。

 

f:id:nu-katsuno:20200111170153j:plain

 

 

 

 

2020、鼠年、ネ、子、ね

 今年の干支はネズミ。漢字で表記すると「子」、干支と動物の話で、十二支を決める集まりにいろいろな動物が呼ばれた時、牛の背中に乗ってお釈迦さまの前まで来た時、牛の背から前にチョンと降りて一番札を取ったこと、この集まりの話を聞いた猫は鼠に騙され、違う日に出掛けたため猫年は無く、以来鼠を敵として捕まえ、殺すことにした、という話を昔、子供の頃、お寺の住職さんの講話で聴いたことがあります。十二支の最初の干支「子」。子年は常に「閏年」、因みに私の干支、「申」も閏年のようです。陰陽五行では「陽」で「水」とか。今年、水の被害(渇水や洪水など)や日照りが無いことを祈るばかりです。「ね」の方角は「北」、意味深(北極海北朝鮮)です。

「祢」はひらがなとカタカナの基。平仮名は草書体、カタカナは偏が基のようです。

 

 「ね」は日本語の会話の中では、いろいろなニュアンスをもって用いられます。接尾語か語尾につけて用いられます。相手に同意を求めようとして使う「ね」もあれば、呼びかけで念を押す時の接頭語のようなものもあります。例えば、前者は、「面白い」とか「良い」とか。後者は「ねー、これで良い?」です。

日本語に「ね」があることで、会話が少し穏やかになったり、柔らかくなる気がします。「子」年に会話で上手く「」を使って気分よ良く進みたいものですね~

 

ここまで来て、広辞苑「ね」を調べてみました。専門的には、助動詞、助詞(終助詞、間頭助詞)が出てきました。

助動詞:完了の助動詞「ぬ」の命令形;してしまいなさい、の意。打消し「ず」の仮定形、言わねばならなぬの意。・・・・とあります。

助詞:終助詞;あつらえ願う意。~してください、~してほしい。

  間頭助詞;語句の切り目に入って相手に念を押し、時に感動を表す、

  感動助詞;親しみを込めて呼びかけ念を押すのに用いる、・・・・ねえ。

とも示されていました。     日本語は大変複雑で奥深いですね~

 

「寝」、独寝はさみしい、添い寝は?   峰、嶺も「ね」山の頂。しっかりした麓があってこその頂(いただき)。眺望が得られ見渡せる場所、そんなことの分かるトップこそ現代に求められますね~。    初夢は楽しい夢であってほしいですが。

 

 

2020.01.01 令和2年正月

    新年あけましておめでとうございます。静かなうちにオリンピックイヤー2020年が明けました。皆さんお元気で新しい年をお迎えのことと思います。今年もどうかよろしくお願い致します。

 元旦恒例の初詣で日枝神社明治神宮へ参拝に行き、令和2年の無事と良い年となるようお願いをしてまいりました。

   思えば2019年の年末は、時ならぬ病?状況に襲われ不自由な年越しをしております。実は、右目の瞼が下垂する状況が続き、物を見ることで不自由をしています。なんとも、男前?と自負していましたが、痛々しい絆創膏姿でなんとも締まりがありません。どこで何が原因かまだ不明の状態で、少し状況を静観するより仕方がありません。他に身体的には全く異常がなく、高齢者特有のゆったりズムで新年を過ごしております。

 

f:id:nu-katsuno:20200102093814j:plain

 

造園学研究室50周年記念誌

造園学研究室 50年記念誌

 

 今年は、造園学研究室創設50年の年になります。創設50年を記念して祝賀会並びに記念誌を発行する運びになっています。

 つきましては、研究室にご関係された方々、研究室卒業生の皆様から、下記に示したような視点から記念誌を飾る文章を戴きたくお願いいたします。

 創設からの研究室の流れは、研究室40周年記念誌(2010.7発行;研究室に在庫あり)に詳細に記載されています。

50年の間には色々な事がありました。三軒茶屋時代から湘南六会7号館時代、そして12号館時代、1研究室から2研究室への拡大(1993.4)など・・・時代時代に3-4年生を経験し、過ごした場所・時代です。 ひととき、昔の思い出を辿りながら記憶を甦らせ、懐かしい思い出をしたためていただけたら幸いです。

 

 表題:例 

①私と造園学研究室

②研究室の思い出

③研究室50年と聞いて

④学生生活と研究室

⑤実習・演習と研究室

⑥研究室・先生との思い出

⑦研究室 泣き笑い

⑧研究室あれこれ

⑨あの頃、もっとも感激・感動したこと

⑩あなたの知らない研究室

 

などなど。

 

追記:

 令和2年3月をもって研究室も大きな変革点になります。研究室創設50年は上記に示しました通りですが、1993年以来、研究室スタッフの重要な一員として御指導くださいました藤崎健一郎先生が定年をお迎えになります。芝草論や植物・植栽論など講義。実習を通して教室、フィールドで大変お世話になりました。また、造園実習、造園実地演習でいろいろな技術、専門知識をご指導いただきました赤木洋行先生も、機を同じくしてご定年を迎えになり大学を離れられます。両先生のことなども含め記念誌への文を戴ければ幸いです。

 両先生の感謝・惜別の会は、令和2年3月14日(土)です。

 

***この記事は令和元年の師走に書いております。今年、来年の表現で分かりにくくなりますが原稿は2020年の予定で書いております。

*** 原稿についてのお問い合わせは、私(勝野)か造園学研究室(大澤先生)にお尋ねください。私のメールアドレスは、biber1122@mri.biglobe.ne.jp です。よろしく。

 

人間って勝手ですね

f:id:nu-katsuno:20191213123609j:plain


 私が生まれたのは、隣の真新しい建物が輝きを放っていたとき。少し日陰でしたが多くの仲間と共に横に綺麗に並んで、建物を引き立てる役割に意義を感じました。

 それから何年たったでしょうか。雨風を防いだり、建物の裾を緑で隠すように、それと硬い感じを幾らかでも和らげようと、美しく大きくなっていきました。

 ある日、突然物々しい機械を持った人が数人やってきて、何かの段取りを話し合っていました。すると、道端の境の方から仲間の胴体を途中からバリバリ切り始めました。

それはほんの1時間余りの出来事でした。2mほどに大きくなって少し太り気味だったのですが、しっかりした緑のスクラムでした。それが、あっという間の出来事で見るも無残な半身姿にされてしまいました、頭がどこかに持っていかれてしまいました。腕がもがれてスクラムどころではありません。冬に向かって冷たい風が骨身に応えます。

 それでも、耐えて生き続けていかなければならないようです。

 

 私はこれまで順調に、真っ青な空に向かって元気に大きくなってきました。眺められる周りの様子は最初、お庭だけでしたが、毎年大きくなるにつれ隣の家の庭、近くの畑や駐車場を見下ろせるようになりました。行き交う人々の様子や空き地で遊ぶ子供たちを見ることもできました。毎年まっすぐ大空へ突き進んで大きくなり、もう家の屋根を越えるほどになりました。お腹の部分の枝葉も太く大きく広がって私らしくなっていました。私が隣の二階家の屋根を越えた、ある夏の終わり、機械を持った人が来て、軒下までの枝を切り落としてしまいました。おなかの部分が「スースー」し始めました。いつの間にか下枝を切られてしまったのです。落ち葉が邪魔になるんでしょうか?陽射しを沢山ほしいのでしょうか? でも幸い私は男の子、実は付けませんのでこのくらいで終わりのようです。でも遠くらか見ると、なんと変わった、妙な、みすぼらしい姿になってしまったことでしょうか。 

 

 

 

 

 

晩秋の一コマ

f:id:nu-katsuno:20191204124205j:plain


 今年は新年号「令和」の年、早いものでもう師走になってしまいました。季節の移り変わりが例年になく2-3週間遅れたようです。これも異常気象、地球温暖化の一端ではないかと憶測がされていますが。新聞では今年の10大ニュース選びも取り上げられ、「新語・流行語大賞」では「ONE TEAM」に決まりました。

 例年ですと11月下旬には終了し、枝先に数枚の葉を残すぐらいで落ち葉掃きも終わるのですが、今年は葉も未だ十分小枝に残り毎朝散り降っています。朝夕の冷え込みが時期を選んで厳しく到来しないため、木の葉の紅葉もスカッとしません。例年ですと赤・橙・黄・黄緑など変化に富んだ色合いの美しい落ち葉が見れれるのですが、今秋は一様に黄変するだけです。

 小さな庭ですが幼木から年代を重ねて大きくなった樹木(ヤマザクラ・ブナ・クヌギ・コナラ・ヒメシャラ等)が敷地の縁に生え大きくなって、夏は日陰、秋は紅葉、冬枯れの樹枝を演出しています。

隣近所にも季節の移り変わりを示す景色を作り出していますが、秋口、木の葉が散る頃になると落ち葉については、人それぞれ感じ方や考えがあり風情や詩情はあまり関係ないようです。それとは逆に鬱陶しく思われがちでしょう。

 

 そんなことや自分の健康のため、この季節には朝早くから朝日を浴びて落ち葉掃きを行っています。風がある時は道伝いに2-3軒先まで散って飛んでいきますので、落ち葉で苦情が出ないように飛んで行った先まで竹箒で掃き集めます。これは結構良い運動になります。晴れの続く日は良いのですが雨の降った後は、何かの例えのように「濡れ落ち葉」は路面にくっついてなかなか集められません。少しボウズになった古い竹箒が必要です。集めた落ち葉は腐葉土にし再利用すればベストですが、そんなことのできる地べたも無いので残念ながらゴミ集積場に行ってしまいます。

 

 この落ち葉掃きが終わる頃、クリスマスが過ぎいろいろあった令和元年も暮れ、年が改まりオリンピック年になります。

 

 

 

 

今年も吊るしました

 月日の経つのは本当に早いもので、あれから早一年がたってしまいました。昨年は11月5日でした。故郷・岐阜から送ってもらった渋柿98個。まるで皮剥きで忙しくなることが分っていたように、嫁した娘は闘病の末、帰らぬ人となってしまい、その次の日に送られてきました。今年は天候が不順で柿の熟すのが2週間ほど遅く、11月20日渋柿96個の入った段ボール箱が着きました。昨年同様、一気に柿の皮を剥いて軒下に吊るすこととなり、一人で皮剥き、吊し紐結び、そして軒下の吊し竿に掛けました(添付写真)。

 75歳の誕生日近くで、生憎左目瞼の調子が悪くて皮剥きには、やや苦労しましたが、でも何とか2日(正味一日)掛けて全て皮を剥き、吊るし終えました。

 

  朝夕の冷え込み、冷たく乾燥した北風そして強い晩秋の陽射しが「干し柿」には大切です。例年とは異なり天候が不順で、関東地方にまだ「木枯らし1号」が来ていません。こちらも遅れ加減になっているのでしょうか。でも吊るした直後から渋柿は水分を飛ばして小さくなり始めています。渋柿の中の糖分が凝縮され、色が明るい橙色から赤茶色に変わっていきます。

 野山で食べ物や餌が無くなるにつれ、この柔らかくなった干し柿も野鳥の餌になることもあります。鳥も、熟して柔らかくなるのが分かるのか、その頃を狙って軒下に近づき始めます。その前に「網掛け」をしなければならず、その仕事がもう直に待っています。

 

 令和2年の新しい年初め、1月中旬には、やや先の尖ったほっそりして焦げ茶色に変わった干し柿が出来上がります。その変化を楽しみに年を越したいと思います。

ドイツの友人たちも首を長くして毎年待っています

 

f:id:nu-katsuno:20191126154240j:plain

 

朝のルーティン

 おはようございます、の掛け声を我が身に掛けて2階から階下に降りていく毎朝。年金生活に入ってからこの方、毎朝の恒例?定例の行動を書いておきたいと思います。

 まず、顔を洗う前に雨戸を開けますが、室内から無理なところは外から戸袋にしまい込みます。これは、家の周りの状態を知っておくうえで役に立っています。

今の季節、庭先や外の道に舞い散った落ち葉を掃きますが、最近は毎朝、時に風の強い日は2-3回集めて袋に入れます。ヤマザクラやブナ、コナラ・クヌギ・コブシがあり、結構沢山舞い落ちます。 お風呂掃除も朝食前恒例の朝仕事の一つです。洗い終わったら廊下の荷物を入れるのも一緒です。洗顔とトイレはその後、外回りから家に入る時には新聞を取り、日捲りを1枚剥いで古新聞袋に入れます。

 

 家の周りがきれいになったところで室内に入り、コップに牛乳を注ぎ青汁(世田谷食品の)を入れ、朝食の準備をします。朝食は私の仕事にしています。卵を使う場合は、ハムエッグにしたり、卵焼きやスクランブルエッグにと変化させます。生野菜を色々盛り合わせることも忘れません。高齢者にとっては生野菜は欠かせません。減塩や適度な運動と合わせ必須アイテムの歳(後期高齢者)ですので(切実)。

 朝食の主食は主にパン、トーストにしてジャムや餡子を友に食します。時間をかけゆっくり朝餉の時間を過ごします。ラジオは付いていますがテレビは時々です。

 昨年のこの月初めに、悲しい出来事があってからは、毎朝、読経をしています。嫁ぎ先は天台宗ですが、私は生まれてこの方、浄土真宗(実家が門徒)なので正信偈を読み続けています。線香と蝋燭を点けて5-6分で終了です。旅にも出ますが毎日欠かさず続けています。

 毎日の郵便の集配時間が2回(10時と14時)なので、便りを出すときは、その時間に合わせ葉書(時に絵手紙)、手紙を書いて投函に坂を下ります。

 

 こんなところが私の朝のルーティンです。

 

学部祭 点描

 2019年の学部祭(10月26日~27日)に日曜日、行ってきました。生憎、土曜日は私用で行けなかったため日曜(ひょっとして卒業生も日曜のほうが来れるのかなと思い)お昼を挟んで4時間ほど尋ねました。 生憎、大澤先生は土曜日におられましたが日曜は出張、藤崎先生にお会いできました。現役学生諸君は、研修室の出店(水餃子店;添付写真)の世話でみんな忙しくしていました。

 祭りの様子は添付写真の通りです。かなり以前の卒業生諸君は、様変わりが激しくて昔の様相は全くありませんので把握しにくいでしょうね。

 本館、新1号館、新2号館などが写っていますが全く別の光景でしょう。最近の卒業生諸君には、懐かしくまた思い出深いキャンパスでしょう。

 新2号館の階段部は、以前は小田急線の階段に描かれていました階段画を学内の大階段に今年から描いています(添付写真)。各サークルや研究室、体連、文連サークルの出店はキャンパス内棟間のあちこちに行儀よく並んでいますが、来訪者は、その場所を探すのに苦労しますし、かなり歩くことを余儀なくされます。でも、大変賑わっていました。

 研究室でも世話になりました富士宮市の実習場(富士自然教育センター;FNEC)近くの食堂「とし」は今年も出店を出してくれ焼きそばとトン汁を販売していました(添付写真

 幸い両日とも天候には恵まれ、雨に降られることなく多くの人(学生や父母、子供達や友人など)が楽しんでいました。残念ながら後夜祭で上げられる花火(600発)は秋の夕方の帳が下りる17:30からとかで見ずにキャンパスを後にしました(因みに花火は研究室の正面に上がりので、部屋からよく見えるのですが)。

 

f:id:nu-katsuno:20191027152815j:plain

 

f:id:nu-katsuno:20191027152855j:plain